性を扱うためのアティチュード講座 詳細

講座の目的

福祉や介護、心理など対人援助職と言われる仕事は多岐にわたります。どの仕事も高い専門性を求められ、現場で従事しているワーカーのみなさんはそれぞれの領域の高度な知識や技能を有していらっしゃいます。でも、そのような高い専門性をお持ちのみなさまでも、「性(の健康)」に関することを体系的に学んだ経験のある方はきっと少数派だと思います。

他方で、対人援助のお仕事の現場で、ふとした時に「性が絡む話題」「性が絡むトラブル」が出ることがあるはずです。そのようなとき、どうすればいいのでしょうか?

「学んだこともない性の相談をされたため、自分の価値観で答えてしまったけれど、自分もカウンセリングのクライアントもまったくハッピーではない」(心理職)

「施設の中で利用者さん同士が性のトラブルを起こしたんじゃないかっていう事案が出たことがあったのだけれど、どういうふうに対応するのが正解だったのか、今でも分からないです」(介護職)

例えばこんなふうに悩んでいる専門職の方は少なくないと思います。

この講座はそういった対人援助の専門職のみなさんのために性の話を扱うためのアティチュードについて学ぶことを目的にしています。

アティチュードとはどういうことか?

対応を行うために必要な「(性の健康に関する)体系だった知識」「対応技能」に関する講習を受ける機会は他にもあります。しかしながら、知識や技能の生きた使い方を習得するためには、土台となるべき価値観や態度があるのです。そしてこの価値観や態度の重要性は性の健康の日本の専門家の間でもまだ十分には浸透しておらず、教えてもらえる講座も見当たりません。

性の健康イニシアティブはこうした価値観や態度のことを「アティチュード」と呼んでおり、それを学ぶ講座を行っています。

例えばどのようなことを学ぶのか?

本講座の中で提示しているアティチュード(態度)のひとつに「ノンジャッジメンタル」というものがあります。自分の価値観でジャッジ(判断)せず、ニュートラルな対応を心がけるという態度のことです。

簡単なようで、これが意外と難しい。

例えば、「避妊をしない性行為の結果、妊娠が判明。妊娠の継続を希望しなかったため、中絶を選択する予定。中絶までの間、お腹の子どもに変な愛着が生まれては困るので、もともと嗜んでいた飲酒と喫煙は継続している」というような女性の事例を聞いた時、本音として不愉快に思う人や、思わず反射的に本人に説教をしたくなる人もいることでしょう。

そういう支援者としての本音をどう考え、どう向き合い、どのように援助活動をすればいいのか。講座ではそのようなことを学びます。

講座の特長

演習を数多く取り入れています。知識は本を読めば身に着けることができますが、アティチュード(態度)は、咄嗟の時に出るものなので、トレーニングをして身体にしみこませなければ現場で活かすことができません。そこで、本研修では、インプットレクチャーと同じくらい(あるいはそれ以上に)ワークの時間を大事にします。

受講生の声

これまでに本講座を受講した方の声をご紹介します。⇒こちらから

受講について

本会が主催し、参加者を広く募って開講する「オープン型」のコースのほか、お声かけいただいた職場にお伺いし、職場の研修として行わせていただく「受託型」のコースもご用意しています。「受託型」での実施の際は、時間の長さやご依頼の背景(課題感)、ご希望の内容、ご予算などをお聞きし、最適なメニューをご提案いたします。